忍者ブログ
†2008/05/07開始†  RED STONE・リア生活をメインとした、雛唯のまったりblogです(´ー`) 現在、書き貯めてた記事を修正公開作業中。
08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ボジョレー・ヌーヴォー解禁。

    本来なら特に何のイベントもなぃ11月ですが、毎年この時期になるとどこかしらでイベントしてますよねぇw
    普段ワイン飲まない人も「これだけはとりあえず」とヵ、毎年この日を心待ちにしている人も多いと思います。
    でも、ちょっと待って

    何故こんなにもボジョレー・ヌーヴォーが騒がれる?
    そして普通の新種ワインとコレって何が違う?
    そもそも、ボジョレー・ヌーヴォーって何よ?
    なんで、何種類もあんのよ?

    。。。この疑問、「あるある!」じゃありません?w

    というワケで今回は
    【ボジョレー・ヌーヴォー色々】
    意中の娘へのトークアピールには、いいかもですねw
    やりすぎると引かれるので注意ですが(笑





    これは、そもそも何故「ボジョレー・ヌーヴォー」などという舌噛みそうな名前なのヵ?を知ると、すぐに理解頂けます♪
    ボジョレーヌーヴォーとは、実は2つの単語を組み合わせられた名前なんです。

    ①「ボジョレー」
    これは、ワインの製造される土地に関係しています。
    そもそも「ボジョレー」とは、ワインの本場フランスにある、ブルゴーニュ地方Beaujolais地区という場所の事を指します。
    日本に島根ワイン・北海道ワインなどがあるように、向こうの国でもやはりそのワインの産地の名前を、頭に付けて分けているんですね。
    ただ、フランスでは特にワインを作る産地が多い。。。そして1つ1つの産地がでかい。。。
    なので分かりやすい様に、さらにそこからより産地を絞った名前を付けている訳です。
    神戸ワイン・三次ワインみたぃなね。
    つまりボジョレーとは、
    フランスワイン→さらに絞ってブルゴーニュワイン→そこからさらに分かりやすくボジョレーワイン→略してボジョレー
    という意味なのですw

    ②「ヌーヴォー」
    これはフランス語で「Nouveau」と書き、日本語直訳では「新しい」という意味です。

    つまりボジョレー・ヌーヴォーとは、商品の名前ではなく、「新しい(ヌーヴォー)ボジョレーワイン(ボジョレー地区のワイン)」というカテゴリーにくくられる、ワインの総称という事になるんですね^^
    ボジョレー地区と簡単に言っても、その地区に入る村の数は実に大量。さらにその中で、フランスの農業製品・ワイン・チーズ・バターなどに対して与えられる品質保証認証であるAOCに加盟している村は、じつに96ヵ村
    同じボジョレー地区にあるからボジョレーとまとめられますが、同じ地区でも、その畑によってブドウ畑確立までに使用している土や環境改善は違うので、当然風味もそれなりに違います。
    だから、一言でボジョレー・ヌーヴォーと言っても、色々なメーカーから色々な味わいが出ているんですよ♪


    では次に、ただ単に新種ワインなだけなのに、なぜボジョレー・ヌーヴォーだけこんなに騒がれたりブランドになったりしているのか? 世界的にはそれ程までは騒がれないのに、なぜ日本だけではこんなにもプレミアム扱いされて騒がれるのか?
    これは、
    ・その製法、製造規約、定義、地区が、厳しく決められている事 
    ・法律で定められている、飲用可能の開始日付 
    ・その日になるまでは、例え醸造した本人であっても、1滴たりとも飲んではいけない事
    が関係してきます。
    昔、爆発的に景気が上がった「バブル経済期」をご存知ですか?(雛唯は生まれてないので知識のみです笑)
    このバブル期、とにかく“特別な付加価値のある物・他とは違う物”がアホみたぃに優遇され、何よりも重要視されていたそうです。。。理由としては、お金が余って大概の物が買える中、より日本は特別なんだという意識が高かったからだと説明されました。
    そんな中、ボジョレーヌーヴォーは日付変更線からの位置の関係で、世界で1番早く解禁されるのが日本でした。当時からワインのブランド力では他国の追随を許さなかった、フランスワイン・ボジョレーワイン=高級なワイン・格上のワインというイメージも手伝い世界中で、1番早くフランスのボジョレー新酒が飲めるのがこの国なんだ”という付加価値が、当時の中で強く意識に残ったわけです。。。
    そして、それによってボジョレー・ヌーヴォーは日本で爆発的に流行りました。
    これが、現在の日本でのボジョレーヌーヴォー定着に至り、今のボジョレー・ヌーヴォー解禁のお祝いに繋がっていると思われます。


    さてはて、語ると長いワインの中でも、特に長くなってしまうボジョレー・ヌーヴォー。
    次回は
    【ボジョレー・ヌーヴォーの定義とランク・メーカー別お勧めの味わい方】
    をお送りします(*´∀`)ノ
    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44
    プロフィール
    HN:
    【管理人】雛唯
    性別:
    非公開
    趣味:
    手先を使う作業
    自己紹介:
    只今育児迷走中にて、主にペットと日常をたまに更新してみたりしてみたりしなかったりしつつ、まるで個人メモ用。
    無料オンラインゲーム【RED STONE】White Diamond在中。
    【RS名】∮エルディア∮

    アメリカンファジーロップ(♂) 2011/3/20生/毛:ブロークントート
    ビビり性で神経質だけど、余程がないと人を噛まない手を出さない優しくて賢い雛唯家長男。
    きな粉
    ライオンラビット(♀) 2015/3/3生/毛:ブラウン
    大人の人間には気分で噛んでくるが、人間以外とひよ子は全く噛まないという変わったウサギ。 撫でられるのが大好きで雛唯の側が定位置。
    ひよ子
    2015.3月生まれの雛唯家長女。
    ストローの刺さった紙パック飲料とヤクルトは、全て自分の物だと思ってやまない0歳児。人が飲むと驚愕の顔で見つめ続けるのが得意。
    フリー素材
    フリー素材
    フリー素材
    フリー素材
    フリー素材
    フリー素材
    フリー素材
    フリー素材
    当サイトバナー↓↓
    当サイトはリンクフリーです。相互リンクご希望の方はメールフォームでお知らせ下さい。直リンク厳禁!!
    http://aokingyo.blog.shinobi.jp/ リンクする際は、必ず↑URLでお願いします。 ☆違法・アダルト・その他倫理に反したへのリンク禁止。記事・イラスト等への直リンクもご遠慮下さい。
    管理人へメール
    管理人への私信などはこちらへ。


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]